ほうれい線消す方法│必ず摂りたい4つの美容成分

しみやしわ、肌のたるみなど、美容を意識してほうれい線クリームなどでスキンケアをしていても、年齢を重ねてくるとこういった肌のトラブルも起こりがちになります。化粧品でケアをするのももちろん効果的ですが、食べる物の栄養素にもこだわって摂っていくと、普段のケアの効果をより高める事ができます。

美容に良いお勧めの栄養素をご紹介します。まず一つ目はコラーゲンです。言わずと知れた美容成分ですが細胞同士をつなぎ、きめ細かい肌を保つのに役に立ちます。

次はヒアルロン酸です。水分を肌に保っておくのに欠かせない成分で、肌の柔らかさ、弾力、潤いといった部分に影響してきます。あまりイメージができないかもしれませんが、ヒアルロン酸をパウダーにして1グラムスプーンに盛ると、なんと6リットルもの水分を吸収できると言われています。

肌にしっかりいき渡らせておくと、その保湿能力を発揮して、プルプル、もちもちした肌にする事ができます。コラーゲンと共に摂りたい大切な成分です。

次はエラスチンです。コラーゲンは繊維のようになって肌を形作っていますが、エラスチンはコラーゲンを支えるような働きをしてくれます。繊維をより丈夫にしてくれる成分なので、肌を長期間に渡って、きれいに保ち続ける事ができます。

コラーゲンやヒアルロン酸よりも、食品から取り入れやすく、カツオやヒラメなどの魚や手羽先からも摂る事ができます。定期的にメニューに加えて、意識して摂っていきたい成分です。

最後はビタミンCです。ビタミンCが多く含まれている食材としてレモンなどの柑橘類をイメージする方も多いと思います。ビタミンCは抗酸化力という、体が酸化して機能の衰える事を防ぐ力を大きく持っています。

また、コラーゲンは体内で作られていますが、ビタミンCがある事でより作られやすくなり、肌年齢を若くする事ができます。これも食材から取り入れやすいです。けれど、同時に排出もされやすいので、定期的に取り入れていく必要があります。
ライスフォース

夜のスキンケアで美肌ケアを

美容のためにお肌のケアをしている方は多いと思いますが、効果が大きく得られやすいのが、寝る前の夜のスキンケアです。寝る前にケアをして、そこから眠っている間に睡眠中の乾燥から肌を守り、しっかりと肌を休ませる事ができるため、効果がとても高いのです。

肌が古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーという現象もスムーズに行われるようになるため、若々しい肌を保つ事に繋がります。

お勧めなのは特に20代の後半からです。若い頃はまだその若さで乗り切る事ができますが、年齢を重ねると肌の調子も徐々に体調などの影響が出やすくなります。また、肌が乾燥しているなと実感をしやすいのもこの年齢からです。

肌の老化がそろそろ目に見える形で始まりだしたとも言えるので、まだ遅くはないので、ケアをしていく事をお勧めします。よく、体の約70%は水分と言われますが、これは小さい頃の話です。乾燥を感じた時は50%程まで落ち込んでしまいます。

肌の細胞が入れ替わるターンオーバーは周期的に体内で繰り返されていますが、これも、20代と30代では周期に違いが見られます。人によって個人差はありますが、20代の方は30日前後、30代の方では40~50日と10日から2週間もその開きがある事になります。

もちろん40代など、年齢を更に重ねると、よりその周期は長くなっていきます。古くなった細胞は肌に残る事で様々な悪影響を及ぼします。乾燥や、しみやくすみ、黒ずみなどがあります。

これを防ぐためには、寝る前に睡眠中の回復を意識したケアを行っておく事が大切です。美容液で水分補給をして、保湿液やパックなどで、水分が保たれるようにしておきましょう。最近では美肌成分が配合されているものも多いので、そういったものを使うとより肌に良い栄養分を補給する事ができます。

こうしてきちんとケアをして、夜を過ごすと、翌朝は生き生きした肌で起きる事ができます。毎日続ける事で肌の調子もよりアップしてきますので、頑張りましょう。

毛穴のケアでほうれい線対策!

ほうれい線と毛穴は、一見おたがいに無関係な肌のトラブルに関してしまうかもしれませんね。ほうれい線といえば、言わずと知れた老化の象徴です。

若い女性のイラストにほうれい線を描き加えるだけで、一気に老け込んだ印象に変えてしまうことができるほど、ほうれい線が見た目年齢に与える影響は大きいので、アンチエイジングを気にする女性にとってはすぐにでも解決させたい問題だと言えるでしょう。

一方毛穴は、どの年代を通しても多くの女性を悩ませてきました。毛穴開きを気にして、様々なケアに挑戦してきた方も多いでしょう。一見無関係に見える二つの問題ですが、この二つが重なることで、 ほうれい線の存在をより強く印象付けてしまうことがあるのです。

「帯状毛穴」という状態をご存知でしょうか?これは、毛穴がたるみによって雫型に引き伸ばされてしまった状態を指す言葉です。

丸く広がった毛穴の形ですが、加齢によってたるみが起きてしまうと、お肌はその毛穴ごと引き伸ばされてしまいます。雫型に伸びた毛穴は、さらにたるみが悪化することで細かな線になり、 ホウレイ線などのシワとつながってしまう事があるのです。

また毛穴の開き自体、ホウレイ線の位置と同じような場所にできやすいものですよね。毛穴を放っておくことで、結果ホウレイ線をより深く・濃くしてしまう恐れがあるということです。

つまり、ほうれい線をはじめとする様々なシワが、毛穴の引き伸ばしによってさらに目立つようになってしまうということなのです。

この事実から、年齢を重ねた大人のほうれい線ケアでは、毛穴のケアもともに注意して行う事が大変重要だといえます。毎日の汚れを洗顔でしっかり除去し、洗顔後の保湿で毛穴のつまりを予防してください。

多くの方がご存知の通り、毛穴ケアは清潔が第一です。毛穴に汚れが詰まってしまうことを防ぎ、キュッと引き締まった毛穴を目指してください。ほうれい線ケアとは無関係なものに感じがちですが、 毛穴のケアもアンチエイジングには不可欠な要素なのですね。

メニュー

ページの先頭へ